Uber Eats(ウーバーイーツ)鳴らない 曜日は?(月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜・日曜)

Uber Eats(ウーバーイーツ)鳴らない 曜日は?(月曜・火曜・水曜・木曜・金曜・土曜・日曜)

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

現在の出前館配達員の紹介キャンペーンについては下記記事にて解説しています。 【出前館】配達員の紹介コードは終了!稼ぎやすさはアップ!【出前館】配達員の紹介コードは終了!稼ぎやすさはアップ!
【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして稼働していると、「この曜日は稼ぎやすい」「平日ってあまり稼げない?」と新たな発見があることも!

今回は鳴らない(配達依頼が入りにくい)曜日と、稼ぎやすい曜日について解説していきます。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らないときに考えられる曜日以外の要素についても触れています。

すでに配達パートナーとして活動している方も、これから登録してみようとお考えの方もぜひ参考にしてくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎやすいのは金曜・土曜・日曜!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎやすいのは金曜・土曜・日曜!

ずばり、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎやすいのは、金曜日、土曜日、日曜日です。

フードデリバリーの需要が増える!

金曜日・土曜日・日曜日に共通しているのは、フードデリバリー業界全体の需要が増えるという点です。

金曜日

金曜日は「1週間お仕事を頑張ったご褒美」「週末にかけてゆっくりしたい」などの需要があるためか、夜に注文が増える傾向があります。

注文者側の立場になってみると、なんとなく想像がつきますよね。

ただし、家でゆっくり派よりも飲みに行く人たちが多いエリアだと、稼ぎにくい可能性もあります。

とはいえぜひ、一度は試していただきたい曜日のひとつです。

土曜日・日曜日

土曜日や日曜日、そして祝日はUber Eats(ウーバーイーツ)含め、フードデリバリー業界が盛り上がるタイミング!

仕事が休みで自宅にいる人が増えるため、ディナータイムもランチタイムも配達依頼が増えやすいと言えるでしょう。

マクドナルドなど朝食メニューを提供してる店舗が密集したエリアであれば、朝も稼ぎやすい可能性があります。

朝はランチタイムやディナータイムよりもライバルの配達パートナーが少ないため、意外と狙い目かもしれません。

インセンティブが発生しやすい

土日が稼ぎやすい理由のひとつとして、インセンティブがつきやすいことが挙げられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)側も、フードデリバリーの需要が高まることがわかっているため、インセンティブを積極的に活用しています。

例えば、ゲーム感覚で挑戦できる「〇件達成で〇円」のクエストは、土日が期間内に含まれていることがほとんど。

また、配達パートナーの需要が高まったときに発生するブーストやピーク料金も土日は発生しやすい傾向があります。

月曜・火曜・水曜・木曜はUber Eats(ウーバーイーツ)が全く鳴らない?

月曜・火曜・水曜・木曜はUber Eats(ウーバーイーツ)が全く鳴らない?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で金曜・土曜・日曜が稼ぎやすいことは前の項目でお伝えした通りです。

では、それ以外の曜日(月曜・火曜・水曜・木曜)は全く鳴らないのでしょうか?

全く鳴らないわけではない

土日や祝日の方が稼ぎやすいことは事実ですが、平日に全くならないわけではありません。

ただし、ランチタイムやディナータイム以外の時間帯に「全然配達依頼が来ない」なんて状況に陥る可能性は土日よりは高いでしょう。

副業するなら土曜・日曜がおすすめ

もし、副業としてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをお考えであれば、土日祝日の稼働をおすすめします。

同じ時間働いていても、稼ぎやすさが異なるからです。

例えばですが、6時間働いて10,000円と9時間働いて10,000円なら、前者の方が良いですよね。

土日であれば、短い時間で効率的に稼働できます。

木曜日は稼ぎやすいとの声も

現役のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーたちの声を見ていると「木曜日が稼ぎやすいかも」という意見があります。

ただし、具体的な根拠はわからず「なんとなく実感してるだけ」の方が多いため、頭の片隅に情報として置いておきましょう。

水曜日は何故か鳴らない?

そして、木曜日が鳴りやすい一方「水曜日は注文が入りにくい」と感じている配達パートナーの方もいらっしゃいます。

考えられる要因としては「週の真ん中でまだフードデリバリーを頼むテンションじゃない」「ノー残業dayに設定されてるから飲みに行く」などが考えられますが、定かではありません。

晴れの日よりも雨の日は鳴りやすい

晴れの日よりも雨の日が鳴りやすい理由は想像がしやすいと言えるでしょう。

雨の日は外食をせずに家で美味しいものを食べようと考える人が増えます。

しかし、一方で「雨の日はお休みにしよう」と考えている配達パートナーが多いため、多数ある案件を少数の配達パートナーで捌くことができるのです。

このように、曜日以外にもUber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない原因は複数考えられます。

次の項目ではもう少し具体的にご紹介していきますね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない!曜日以外に季節や天候も影響

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない!曜日以外に季節や天候も影響

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らないのは、曜日だけが原因ではないかもしれません。

その他に考えられる要素を二つピックアップしました。

夏&冬よりも春&秋は鳴らない

季節的な要素で考えると、春や秋に比べて夏や冬は鳴りやすいと言えます。

理由としては暑さや寒さが配達パートナーの数を減らしてくれるからです。

とくに、最近の日本は猛暑日が多く40度を超えることもありますよね。

このような過酷な環境の中で働きたいと考える人は少ないため、鳴りやすい=稼ぎやすいのです。

ただし、真夏日に稼働するなら水分補給など安全面の対策をしっかりと行いましょう。

悪天候は鳴りやすい

一年中を通して、大雨の日や風が強い日、雪の日などは鳴りやすいタイミングです。

稼働する配達パートナーが減るだけでなく、外食を控え家でご馳走を楽しみたいと考える人が増えるからです。

「とにかく稼ぎたい」方は、安全を第一に考えたうえで悪天候の日に積極的に稼働する方法もありです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らないときの対処法!曜日が原因じゃないかも!

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らないときの対処法!曜日が原因じゃないかも!

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らないときは、一工夫してみると稼ぎやすくなるかもしれません。

ここでは、配達パートナーが稼ぐためのポイントを解説していきます。

時間帯を狙う

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぎやすい時間はいつか?

現役配達パートナーの方々の声をまとめてみました。

パターンとしては下記の通り。

11:00~14:00 17:30~21:00
11:30~14:00 18:30~21:00
11:00~14:00 18:30~23:00

他にもありましたが、だいたい時間帯的には、11:00~14:00と17:30~21:00を挙げている方が多いです。

ただし、稼働するエリアにもよるのではないかと考えられます。

例えば、都会であれば21:00以降も稼ぎやすい可能性は大いにあります。

そのため上記のデータを参考にしつつも、まずは幅広い時間帯で稼働してみましょう。

現金配達を受け付ける

キャッシュレス決済が浸透してきている現代ですが、まだまだ現金払いを選ぶ方もたくさんいらっしゃいます。

もし、現金配達の受付をしていないのであれば、対応可能にするだけで稼ぎやすくなるでしょう。

お釣りの受け渡しなどに不安を覚える方もいますが、慣れると「思ってたより大変じゃない」となるはずなので積極的に試してみてくださいね。

待機エリアを見直す

配達依頼をたくさん受け取るためには待機エリアにも気を配る必要があります。

おすすめは、Uber Eats 加盟店が多く人が密集している地域や大きな駅の近くです。

意外と見落としがちな点なので、あらためて意識しながら稼働してみましょう。

キャンセル率を低く保つ

Uber Eats(ウーバーイーツ)には、配達依頼のキャンセルばかりをしていると一定期間ログアウトになる仕組みがあります。

別の言い方をするなら「応答率が低い」です。

つまり、最初は鳴っていたのに急に配達依頼が入らなくなった場合は、キャンセルしすぎの可能性アリです。

また、最悪の場合はアカウント停止になる可能性もあるとのことなので、キャンセルは慎重に行った方が良いでしょう。

アプリで不具合が起こっていないかもチェック

Uber Eats(ウーバーイーツ)があまりにも鳴らないときは、会社側で不具合が生じている可能性もあります。

一度、公式情報を確認してみましょう。

また、アプリの不具合も考えられるので、最新バージョンになっているか確認して再起動を試みましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が鳴らない曜日は月曜・火曜・水曜・木曜!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で鳴らない曜日は月曜・火曜・水曜・木曜と言われていますが、当然全く鳴らないわけではありません。

土曜や日曜に比べると反応は落ちてしまいますが「待機エリアを意識」「稼働時間帯を選ぶ」など、少しの心掛けて注文が入りやすくなることも!

また、平日であっても天候が悪い日や、真夏日などはライバルが減って鳴りやすいと言われています。

「がっつり稼ぎたい」場合は、上記のタイミングを狙って稼働する方法もおすすめです!
人気記事
出前館配達員の給料・報酬の目安と、月収いくら稼げるかを解説しています。 【出前館】業務委託配達員の給料・報酬は稼げる?【月収を公開します】【出前館】業務委託配達員の給料・報酬は稼げる?【月収を公開します】 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の平均月収について解説しています。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の平均月収を解説。月収20万円以上を稼ぐには?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の平均月収はいくら?【月収20万以上を稼ぐ方法】