Uber Eats(ウーバーイーツ)で働く方法は?登録の流れやメリット・デメリット、稼ぐポイントなどを徹底解説!

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働く方法

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


新規募集停止が間近?出前館配達員で月収70万円超え続出!
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も時給換算3,000円超え」を実現していました!
さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。


つまり、10人中7人以上が時給換算2,000円超えを実現しているのです。


※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施


さらに、出前館では報酬増額キャンペーンを実施中で、1件の配達でなんと最大1,430円を受け取ることができます!
このおかけで現在、出前館では月収70万円超えの配達員が続出中で、中には月収100万円を超える方もいるほどです。


黙々と配達するだけで、今よりも月収を30〜40万円以上アップさせるチャンス!


今から始めるのがかつてなく「一番おいしい」タイミングです。

現在、出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、今後「募集を停止する」という噂もあります。
また、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
少しでも興味がある方は応募できる今の内に、配達員の登録だけでもしておくのがおすすめです。
登録してから、実際に始めるのは1ヶ月後とかも大丈夫ですよ♪

報酬増額キャンペーンの時給換算3,000円超えは期間限定!
登録して今のうちにどんどん稼いでおくのがオススメです!

出前館の報酬増額キャンペーンについてはこちらで解説しています。 【出前館】配達員の紹介コードは終了!稼ぎやすさはアップ!【出前館】配達員の紹介コードは終了!稼ぎやすさはアップ!

巣ごもり需要もあってか、フードデリバリーサービスを全国的に展開するUber Eats(ウーバーイーツ)は注目されています。

サービスだけでなく、仕事としても注目されているUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、配達員として働くためにはUber Eats(ウーバーイーツ)に登録することが必要です。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)で働く方法
  • 配達パートナーのメリット・デメリット

ここではこれらのことを中心に、詳しく解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働くには?

Uber Eats(ウーバーイーツ)で働く方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー(以下、配達パートナー)として働くためには、Uber Eats(ウーバーイーツ)に登録する必要があります。

配達パートナーの登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)から仕事を受けるには、Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達パートナーの登録を行う必要があります。

登録はUber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトでできるので、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトにアクセスしましょう。

条件や必要なものは?

配達パートナーになるための条件は、「18歳以上であること」であり、その他には特に条件はありません。

年齢の条件も特に設けられていないため、学生さんや主婦の方、サラリーマンの副業、定年退職した方などでも、気軽にだれでも働くことができます。

細かい条件はありませんが、仕事をする上で、SMSの受け取り、電話でのやり取りなどの業務管理を専用のアプリで行う必要があります。

ですので、プライベートとの兼用でもいいので、スマホは用意しておきましょう。

使える車両は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、配達で使える車両が決まっています。

配達パートナーで登録できる車両
  • 自転車
  • 原付バイク
  • 125㏄以上のバイク(条件あり)
  • 軽自動車(条件あり)

これらの車両が配達車両として使えます。

125㏄以上のバイクや軽自動車は事業用

自転車や原付バイクが主な配達車両になりますが、条件を満たせば125㏄以上のバイクや、軽自動車も配達車両として使えます。

125㏄以上のバイク、軽自動車を使用する条件は、共に事業用車両として登録してあることです。

バイクであれば緑ナンバー、軽自動車であれば黒ナンバーの車両がそれになります。

自転車や原付バイクはレンタルもあり

配達パートナーではレンタルを使って自転車や原付バイクを確保することも可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と提携しているレンタル会社で、リース料を払えば自転車や原付バイクをレンタルできます。

電動アシスト付き自転車や、雨除け付き原付バイクなど、配達に便利な機能も付いているので、レンタルでの配達も効果的です。

配達パートナーの登録方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの登録方法は以下のような手順になります。

配達パートナー登録手順
  1. アカウントの作成
  2. 車両の選択と必要書類のアップロード
  3. 使用する口座情報の登録
  4. 備品の購入
  5. パートナーセンターで最終登録

これらが登録の主な工程になります。

1~3まではWEB上で、4~5はUber Eats(ウーバーイーツ)のパートナーセンターで行います。

ですが、5の備品購入はAmazonでも可能で、6の最終登録は現在ではWEBでも行えるようになりました。

登録はガイダンスに従えば、誰でも簡単に行えます。

原付バイクの登録は、運転免許証、自賠責保険、ナンバープレートの写真、これらのものを用意しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達員をするメリット・デメリット

配達員をするメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、一般的なアルバイトとは違い、業務委託として仕事を受けることになります。

そのため、一般的なアルバイトや会社にはないような、メリット・デメリットが存在します。

配達パートナーのメリット

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのメリットには以下のようなことがあります。

メリット
  • 働くスタイルを選べる
  • やり方次第で高額報酬も可
  • 週払い対応

これらのことがメリットにあります。

一般的なアルバイトのように時間や日にちに制限がないため、ライフスタイルに合わせて働き方が選べるのは大きなメリットです。

そのため、小遣い稼ぎや、ガッツリ稼ぐなど、自身の働くスタイルを選ぶことができます。

また、報酬を週払いで対応してくれるため、冠婚葬祭などの急な出費にも対応できることも、大きなメリットです。

一方のデメリットには以下のようなことがあります。

デメリット
  • 収入が安定しない
  • 事故や交通違反のリスク

これらのことがデメリットとしてあります。

自転車や原付バイクといえ、車両を使うことが仕事の基本となるので、どうしても事故や交通違反などのリスクが付いてきます。

また、報酬は完全歩合制であり、やりようによっては稼げますが、逆にいえば稼げないケースもあるため、収入は安定しにくいです。

メリット・デメリットをしっかりと踏まえ、自分にとって稼ぎやすいかを分析しましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで稼ぐポイント

ウーバーイーツ配達パートナーで稼ぐポイント

ここまでの情報でありように、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは業務委託として仕事をするため、報酬は完全歩合制になります。

ここからは、これまでの情報などを踏まえて、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐポイントをいくつか紹介していきます。

報酬システムを理解する

まずは、報酬のシステムをしっかりと理解することが大事です。

配達パートナーの報酬は、一般的なアルバイトとは違い、配達1件当たりに対しての配達料金が報酬となります。

報酬には追加要素やエリアによって変動するなどの、特徴があるため、まずは報酬の仕組みを理解することが大事です。

エリアによって基本料金が異なる

配達パートナーの報酬は「基本料金+インセンティブ-手数料」によって1件当たりの配達料金が算出されます。

報酬のベースとなるのが基本料金なのですが、この基本料金はエリアによって金額に差が生じます。

基本料金の概要
  • 受け取り料金 料理を受け取った際に発生する料金
  • 受け渡し料金 料理を注文者に受け渡した際に発生する料金
  • 距離料金 配達距離に応じて発生する料金

基本料金はこれらの要素によって構成されています。

受け取り・受け渡し料金はエリアによって決まっていて、距離料金は全国一律で1㎞当たり60円支払われます。

関東の中心である東京都と、関西の中心である大阪府を比較した場合、以下のように金額に差があります。

東京都と大阪府の基本料金(金額は受け取り・受け渡しの合計)
  • 東京都 390円
  • 大阪府 320円
  • 東京・大阪の差額 70円

このようになっています。

ここに距離料金が追加されるので、1㎞の配達を行った際は東京都で「450円」、大阪府で「380円」となります。

これを1時間で3件配達した場合は時給換算で210円の差額となるので、エリアによる料金の差は稼ぐ上では重要となります。

エリアによっての差がなくなることはありません。

ですので、配達パートナーとして稼ぐためには、

  • そのエリアでいかに計画的に配達できるか
  • いかにインセンティブを上手く使うか

これらのことが重要なポイントになります。

インセンティブを活用

インセンティブには、ブースト、クエストなどがあり、注文が多い時間帯などに適用されます。

ブースト

エリアによって発生する、基本料金に掛け算される数値です。

ブースト値は時間帯やエリア、人によって変動します。

例えば1.2のブーストが発生すれば、基本料金にそのまま掛け算され、それが追加料金として発生します。

クエスト

条件をクリアすることで発生する追加料金です。

例えば「●●時~●●時までに4件配達したら追加で1000円」など、エリアや時間帯などによって内容はさまざまです。

目標をしっかりと設定する

上記のように報酬の仕組みを理解することは大事ですが、それに伴って目標をしっかりと設定し、それに向かって仕事をすることも大事です。

ですが、ただ漠然と稼ぐといっているだけでもダメで、例えば「100を120にする努力と計画」といった感じの現実的に可能な目標設定が大事になります。

わかりやすいのが、活動するエリアの最低賃金や平均時給を目安にすることです。

例えば、活動するエリアの1件当たりの配達料金の平均が350円とし、最低賃金が時給800円、平均時給が1000円とします。

この場合、1時間当たりに3件の配達をすれば1050円となるため、最低賃金を上回り、平均時給を少し超える金額になります。

ですが、1時間で2件しか配達できなかった場合は、700円となってしまうため、これは稼げているとはいえません。

このように、報酬の仕組みをしっかりと理解した上で、目安を作り目標をしっかりと設定することで、計画的に仕事を進めやすくすることができます。

自分の活動するエリアの特徴を理解し、しっかりと目標設定し、計画的に仕事を進めましょう。

まとめ

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)で働く方法や配達パートナーのメリット・デメリットなどを中心に、詳しく解説してきました。

登録自体はガイダンスに従えば簡単にできますが、稼げる・稼げないは本人次第です。

ここで紹介したような、報酬の仕組みや目標などを参考に、自分に合ったスタイルを確立し、より多く稼げるように仕事に取り組みましょう。

人気記事
出前館配達員の給料・報酬の目安と、月収いくら稼げるかを解説しています。 【出前館】業務委託配達員の給料・報酬は稼げる?【月収を公開します】【出前館】業務委託配達員の給料・報酬は稼げる?【月収を公開します】 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の平均月収について解説しています。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の平均月収を解説。月収20万円以上を稼ぐには?Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の平均月収はいくら?【月収20万以上を稼ぐ方法】